厚塗りいらず

外気も室内も乾燥していて気温も低い冬は、肌の乾燥が進んでしまう季節です。
しっかりと保湿をして肌に潤いを与えてあげないと、シミやしわ、たるみなどの肌老化を進ませてしまいます。
色々と保湿力の高い基礎化粧品を使う前に、しっかりと肌の汚れを落としてリセットしてからスキンケアを行なうのが基本です。
寒い冬は顔の表面温度も低くなっていて毛穴も閉じてしまっています。
この状態では汚れも落ちにくくなっているので、蒸しタオルなどで温めてから洗顔するのがおすすめです。
また、乾燥で古い角質が肌に残っているようなら、ピーリングで優しく取り去ってあげると、基礎化粧品の浸透も良くなります。
様々なピーリング効果のあるものが化粧品メーカーから販売されているので、上手く活用していくのがおすすめです。

乾燥肌や敏感肌の方で、一般的な基礎化粧品やスキンケアでは保湿が充分でないと、悩んでいる方もたくさんいらっしゃいます。
化粧品で刺激を感じたり、様々な成分で肌にかゆみが出たりする場合もあります。
そのような時の保湿方法としておすすめしたいのがワセリンです。
低刺激で肌に優しく、高い保護効果を持っています。
ワセリン自体には肌を保湿する成分などは含まれていませんが、保護膜となって肌の潤いを逃がさない働きをしてくれて、外からの異物の侵入にも鉄壁の防御をしてくれます。
そのため、肌本来の機能を回復させることができて、自然に潤いある肌になることができます。
顔だけでなく体や髪の毛にも使えて、リップクリーム代わりやハンドクリーム代わりにもなりますので、乾燥のひどい冬の保湿に役立てましょう。